【悪用厳禁】マッチングアプリwithで出会える方法とちょっと遊べるコツを暴露

マッチングアプリのwithですが、このアプリでも結構遊べるパターンがあったりします。基本は恋活、婚活目的の人がメインの層にはなりますが、

一部ちょっと遊べる人もいたりします。そこで今回は、withで出会えるコツと、遊べるまでのコツを暴露したいと思います。筆者の体験談となりますので、参考にしてもらえたらと思います。

マッチングするまでのコツはあるのか?

もちろんマッチングするまでにはいくつかコツがあります。

そこでいくつかポイントを挙げましたのでそれぞれ解説していきます。

プロフィール写真の選び方で出会えるか決まる

まずはプロフィール写真は最重要ポイントになってきます。

この写真をどれにするかで大きくマッチングするかが左右されてきます。

〇笑顔、さわやか、自然な雰囲気

×顔がはっきり映っていない、後ろを向いている、自撮り、加工しまくり

この点に注意して写真を選んでみましょう。どうしても写真が手元にない場合は友達や知り合いに撮ってもらうか写真撮影を依頼するのも良いかと思います。

数千円で依頼できてマッチングがたくさんできるなら十分利用する価値はあると思います。

性格診断や相性診断はすべて受けておきましょう

引用元:with公式アプリ

性格診断などのwith独自の機能がありますが、これはすべて受けておいた方が良いですね。というのもあとで解説しますが、無料いいねを10人に送ることができますので、これは使わない手はないかと思います。

いいねを送る母数を増やすのもマッチングできるコツの一つになりますので、これはぜひ受けておくのをお勧めします。

自己紹介文は丁寧にしよう

自己紹介文も女性がマッチングを判断するうえで重要視しているポイントの一つになります。写真が良い印象でも、自己紹介文が適当だったり、誠実さが欠けていたり、遊び目的なのがわかってしまう文章ならもってのほかです。

まずは自己紹介は誠実かつ丁寧な文章を作成してみてください。

無料いいねを最大限活かそう

withでは無料でいいねが送れます。

まずはログインボーナスで1いいねが貰えて3日連続ログインすると3いいねが貰えます。よって1か月50のいいねが貰えることになります

さらに診断などを受けると毎日10人に無料いいねを送ることができますので、

1か月300人更にいいねができます。

最低でも350人いいねを無料で送ることができますので、数打ち当たれではありませんが、母数が増えるほどマッチングの可能性も上がってきますので、ここまで書いてきたコツを意識しながらいいねを送れば可能性も広がってきます。

いいねを押す人も選び方がある!?

上記コツを把握したうえでいよいよ女性にいいねを送る運びになりますが、

その女性もいいねを送ってマッチングしやすい人が存在します。

それは

  • 登録したての人(今週入会と記載されてます。
  • ログイン中の人
  • いいねの数が100以下の人
  • 期間限定いいね!が無料の対象の人

この条件がすべてそろっている人にいいねを送るとかなりの確率でマッチングできます。

これは私がwithを使いまくった結果の実体験での検証ですので間違いありません。もちろんすべての人にマッチングは不可能かと思いますが、

ただなんとなくいいねを送るより、上記条件に当てはまっていないかどうか見るだけでもマッチングの確率が上がってくると思いますので是非試してみてください。

マッチングから出会うまではどんな感じなのか?

やり取りは丁寧にしよう

やり取りは当たり前ですが丁寧に行いましょう。返信に対してできるだけ早く返して会話のキャッチボールがちゃんとできる状態にしたいところです。

withでは相性診断や好きな事など自分と共通点を見いだせるツールがたくさんありますので、共通点がある部分から会話を広げていきましょう。

LINE交換は早すぎず遅すぎず

あるていどアプリ上でやり取りができるようになってきたら、LINE交換に運びたいところだと思いますが、ここは焦りすぎずに行った方が良いです。

あまり早く効きすぎると、「LINE交換はもうちょっと後でもよいですか?」と返事が来たりするのでそうなるとちょっときまずいですよね?

そうならないためにも会話が何日か続いてからの交換を提案しましょう。

また少し早いタイミングで聞いているのを自覚している場合、

言い訳として、「このアプリ通知しないようにしてるので○○さんもそうだったら不便を感じるなと思ってLINE聞いちゃいました」と言った感じでかわすと、案外それならいいですよって人も出てきますので使ってみてください。

レスはできるだけ早めに。バッチの通知はONに

マッチングアプリではやり取りの時に大事なのはレスの早さかと思います。

女性は基本的に人気の方はたくさんの方からいいねをもらい、マッチングも必然的にたくさんされていきます。

そこで他の男性との差別化を図るときに、おもしろさや見た目はスキルや生まれつきの面で適わない部分があると思いますが、

レスポンスを早くするというのはどんな人でもすぐに実践できるスキルかと思います。ですので、まずは女性からのメッセージが来たら早めに返信することをお勧めします。個人的には1時間以内で返せるように意識してます。

ぶっちゃけ遊べる女性っているの?見分け方と遊べるパターン紹介

この記事を見てくださっている男性の方で、ぶっちゃけアプリで遊べる人とかできないかな?と思っている人も多いのではないでしょうか。

男なら誰しもそう思っているのもわかりますし、かく言う私もアプリで遊んだ経験もいろいろあるのでそう思っている一人です。

withでは基本的に恋活をしている女性が多いため、そう簡単に遊べる人を探すのはできないのもまた事実です。ただし、一定数遊べる人もいるのもまた事実です。

かと言って女性は自ら遊んでますと自己紹介で公言は絶対しませんので見極めが重要になってきます。

そこで今回は遊べる人の見分け方を私なりの自己分析結果をご紹介させていただきます。

結婚に対する意思に注目

まずアプリで遊べる人を探す際に目に行くところとしては、結婚に対する意思の欄がどうなっているかです。

ここが「すぐにでもしたい」や「2~3年のうちに」と言った人はまず対象から外すべきですしそう言った人に遊び感覚でアプローチをすると、最悪通報されて強制退会になる可能性も出てきます。なのでまずはこの項目をしっかり見ておいた方が良いです。

反対に「わからない」「今のところ考えていない」の人は遊べる対象になってきます。この人たちはそもそも恋人はあまり考えていない証拠です。

「良い人がいれば」の人は一部遊べる対象ですがこの段階ではまだ判断できません。

写真の雰囲気に注目

次にどういった写真があるのかも重要なポイントです。

垢ぬけた感じや、ちょっと遊んでそうな雰囲気が出ている写真も見受けられます。

  • 水着など肌の露出が結構ある写真
  • 舌を出していたり何かを咥えている写真
  • 胸が強調されている写真

こういった写真の人は軽そうな印象ですので対象に入ってしまします。

自己紹介文に注目

自己紹介文ですが、ここでも遊べそうな雰囲気を出しているかどうか判断できます。

文章に結婚や彼氏を作る気がないような文章や、飲み友達を探しています。と言った文面があれば、アプリに対してそこまで真剣な出会いを求めていないのがわかります。

また一部の人で「友達を探してます」や「普段出会いがなくてさみしい」など書かれている人も良いかと思います。

やり取りしている中でもわかる

実際にマッチング後やり取りをしていくと思いますが、その際、あっさりとLINEを交換できたり、向こうから会おうと言ってくるパターンは可能性が挙がります。

また夜に会う約束をしてノリノリな人や、終電近い時間でもオッケーな人はもうかなり確率が上がってきます。

出会ってからちょっと遊べた体験談を大暴露

では実際に出会ってから遊べたパターンをちょっと紹介してみたいと思います。

27歳IT会社のキャリアウーマン

地方出身の彼女は仕事をしっかりこなすキャリアウーマン。しかし会ってみた雰囲気ではかなりゆるい感じのノリで話し方もゆるさが否めないそんな感じの人でした。

マッチングしてから会うまでそこまで時間もかからず、飲みたそうなかんじだったので夜飲みに行くことに。

一回目のアポは飲んで話してお互いの身の上話などしながらその日は解散。

二回目のアポは彼女の自宅最寄り駅近くの居酒屋で会うことに。最寄り駅近くの居酒屋で会う時点でかなりリーチ状態でしたが、

その日もゆるく飲みながら話し、2軒行き二人ともいい感じに酔っ払い、時間を見ると終電がなくなってしまっており、(と言うよりほぼ確信犯)どうしようもない状況になったので、彼女の家に泊めてもらうことに。

なかなか嫌がっていたのですが、帰れないと言い訳をし続けているとしぶしぶ了承してもらい彼女の家に行くことに。

家に入るとなかなかの散らかり具合で、嫌がっていた理由は実はこの理由もあったとの事。ちょっと焦りましたがそこはあまり気にせずしばらくしてから、○○に。

それから約半年近くセ〇レの関係になり、今度は私の家に来るようになり、週末の仕事終わりに私の家の最寄り駅近くの居酒屋で会っていい感じに酔っぱらっては泊まりに来てを繰り返していました。

彼女とはノリがよくオープンな性格もあってか、すぐに打ち明けて二回目会うことができたのが大きなポイント化と思いました。

また彼女の家の最寄り駅で会えたのも大きかったです。

以上でリアルな体験談の暴露話を紹介いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です