名古屋のM性感痴女ヘルス「黄金の口」の口コミ、評判と、おすすめ嬢付きリアル体験談と遊び方紹介。

今回も風俗好きな友人Aさんが今度は名古屋まで遠征に行ったとのことでその口コミを教えていただきました。

今回は名古屋にあるM性感痴女ヘルス「黄金の口」と言うお店です。

では早速見ていきましょう。

黄金の口とは

性感のお店は、女性に触れることができなかったり、脱がなかったり、ハンドフィニッシュが基本サ―ビスだったりします。

黄金の口はさらなる快楽への追及のため、本来のM性感サービスに、痴女主導によるお触りやオールヌード、

さらには生尺も基本サービスに加えることにより、お客様の妄想を超える、

本当に気持ちいい濃厚ドスケベサービス黄金クオリティーを確立しました。

それが、全国にご利用会員12万人を誇る黄金の口のM性感痴女ヘルスです。

黄金の口の場所

住所:名古屋市中区新栄1-1-26 ハーレムインビル2F

黄金の口の営業時間・料金・予約方法

営業時間

9:0024:00

時間料金

入会金・指名料

入会金 2,000

入場料 2,000

ルームチャージ 無料

パネル見学 無料

パネル指名料 無料

電話指名料 2,000

料金表

11の場合

  • 40分(初心者コース) 10,000
  • 70分(ショートコース) 18,000
  • 90分(メインコース) 28,000
  • 120分(ロングコース) 37,000
  • 150分(ロングコース) 46,000
  • 延長30 10,000

予約方法

電話で予約

黄金の口の女の子のレベル

とにかく美しい女性が多いです。

また今回指名した女性も女性として完璧なフレームと肌質感。確認したわけではありませんが、白人の血は確実に入っていると思われます。

男前過ぎるというか、極当たり前に自分勝手なキャラも白人特有のもので、純粋日本人頑張ってもぎこちなくなるだけです。

プレイ内容が最低であったにも関わらず、この嬢にそんなに悪くない評価を与えてしまうのは、

この嬢自体にはそんなに嫌な気にはさせられなかった事と本来S嬢ってこうだよなと妙に納得してしまったからです。

やはり昨今の痴女性感プレイは妥協的過ぎるとこういうタイプの嬢に遭遇すると思ってしまいます。

まあそういう風潮へのアンチテーゼとしてのプレイスタイルというよりは単に田舎のヤンキーだったのかもしれませんが。

お題:卒業にまつわる思い出を教えてください。に回答♪

出席日数が全然足りなくて、卒業出来ないって言われて、みんながお休み中に泣きながら学校行きマシタimg

ほろ苦いわ~

cityheaven ひかり嬢の写メ日記より

おすすめ嬢紹介

リリ

ひかり

カンナ

すず

サリナ

シオリ

ジュリ

あん

マコト

ハルカ

元ヤンハーフ痴女のひかり嬢との手コキ尋問にあったリアル体験談と遊び方

夏季休暇の初日に新潟競馬で4500倍の馬券をものにして完全に気が大きくなってしまい、

近づく台風をものともせず、朝5時に起床して自宅近くの寂れた商店街の酒屋の自販機で朝酒。

今思えば、この時点で既に精神錯乱を起こしていたのかもしれません。

波に乗っている事を証明するために、朝イチからDash心斎橋に突入すると、なんと台風のために馬券発売は中止との事。

此れで完全にキレてしまい、ならば現地に乗り込むまでと大井競馬場を目指して新幹線に乗り込んでしまう。

昼過ぎから夕方まで競馬するも、今一つ芳しくないので、ブレイクの必要を感じているところに集中豪雨。

東京で泊まる場所が思い付かず、日頃恋い焦がれてる東京M性感にも気が向かわず、何故か名古屋で風俗という選択を取ってしまいます。

名古屋へ向かう新幹線こだまの車中で散々迷った挙げ句、

cityheavenのオキニ嬢に登録していた名古屋M性感黄金の口に在籍するスタイル番長ひかり嬢をピックアップ。

♦️ひかり♦️美乳スレンダー痴女 [30]

T16885(D cup)5989

抜群の美貌!目出し解禁!

台風に向かって走る新幹線に搭乗している物好きはさすがに少なく、特に周り気にせず店にアポ電。22時最終枠を90分押さえました。

改めてひかり嬢のプロフィール写真を見ます。抜群のスタイルと日本人離れした骨格に変な髪型に尋常じゃない目付き。

写メ日記読むと結構面白くて、これは元ヤンキーだなという結論に達しました。

此処で思い直して入れば、嵐でも癒しに満ちたエロスの夜を名古屋で過ごせたかもしれませんが、

「ヤンキーか、どんな痴女か確かめてやる!」と何故かイケイケマインド。

今になって「成功は最低の教師。」というビル・ゲイツ大先生の言葉の意味がよく分かります。

名古屋に到着すると台風の真っ只中でした。吹き荒れる暴風雨の中、黄金の口に電話を入れて道案内を依頼しますが、

嵐の夜に音声情報だけでは目的地に着くのは不可能という結論に至り、タクシーに乗車。

前回来店した時、微かに記憶がある隣のパチンコ屋の名前を運ちゃんを告げて行ってもらいます。で、無事到着。

普通キャンセルですが何故か嵐の夜は凹みません。

受付で料金を払い、入店。

待合室でアンケートにしていると、後からどんどん客が来て、狭い待合室が満員になります。

嵐の深夜近くにM性感店の待合室がM男で溢れる異様な光景に、錯乱しているのは俺だけではないと変な勇気を得て、

思わずアンケートにスパンキングOKと記入してしまいました。😭

時間が来て部屋に案内され、シャワーを先に浴びておくように云われます。

特に局部とアナルは入念にお願いします、やり直しになると、その時間もカウントされますので云々。

前回の時は其処まで煩くなかったのに、嬢のサービスは生Fとアナルリップというヘルスプレーマックスまで到達して名古屋M性感の本気度を堪能出来たのに、

今回指名した ひかり嬢はそんなに潔癖症なのか?

しかもやり直しってなんなんだ?

そんなに心配なら一緒にシャワー浴びろとか思ったのですが、私もいい加減疲れて来たので、

力なく「分かりました。」と呟くのが精一杯でした。

シャワーを浴びてベッドに腰掛けて、俺は一体何やってんだと自問自答モードに入った途端にドアが勢い良く開いて、

ひかり嬢が入室して来ました。まじ外人のような小顔に灰色の目に驚き、これは絶対ハーフだわ、と確信しました。

骨が細くかなりの身長ですがあんまり威圧感がありません。

肩にかなり大きい縫い傷があり、バイクで2ケツしてて転んだんだなと容易に想像できました。

なんか彼氏のバイクで2人乗りしてラブホ行ってロストヴァージンしたという写メ日記ありましたので。

はじめましての挨拶もなしに、開口一番

「ちゃんと洗った?」とぺニスチェック。

初対面の人間に投げられた言葉としては過去最も衝撃的です。

私「洗いました。」

ひかり嬢「どれ、あっ亀頭の上の縁にソープの泡残ってる。やり直し。」

冗談かと思ったのですが、違いました。

憤慨して部屋を出て行くひかり嬢、ヤンキー臭プンプンです。

仕方なく再洗浄し、これはM男を辱しめる精神的調教ではないかと考えましたが、アホらしくなって止めました。

再び戻って来たひかり嬢。

ひかり嬢「そんなのあんまりないよ。」

私「すいません。😭

頭から咬んでくるヤンキースタイルに、私はあんまりマゾヒズムを刺激されません。

ひかり嬢もバカではないので、そんな私の心情を察して責めあぐねている感じです。

お互い接点を探りますが、中々折り合いが付かない感じになってきました。

ひかり嬢「普段どんなプレーしてるの?」

私「フェラチオとか。」

ひかり嬢「汚いちんぽは絶対しない。」

私「、、、」

ひかり嬢「どこ感じるの?」

私「乳首とかぺニスとか。」

まあ、アンケート読んでないのも納得ですし、そもそも色気というものを全く気にしてない外人マインド。

色気とセクシーって似て非なるものというのが、嬢を見てるとよく分かります。

ひかり嬢「じゃあとりあえずアナル自分の指で開いて見せて。」

私「?」

こういうヤンキーマインドに翻弄されるのも疲れて来たのでとりあえず寝転び、

萎びたぺニスを見せて、ほら、お嬢さん手止まってるよとアピールしました。

やるプレーが決まってほっとしたのか、意外に従順になるひかり嬢。

場末のランパブ嬢が来てるようなキャミソールを脱ぎ捨てると、

其処には小振りながら結構なボリュームの美乳が現れました。乳首も可愛く、色素薄いピンクです。

そして、特筆すべきは肩骨と鎖骨。

イヤー美しいです。

細作りながら天使のウィングのように伸びやかで、大きい背中を支えている造形は感動的でさえあり、見とれてしまいます。

ひかり嬢の外人テイストな裸体に機嫌を直した私の一物も順調に回復し、ひかり嬢の気の抜けた手コキにも敏感に反応。

劣情や切迫感のない淡々とした時間が流れて行きます。

ひかり嬢「普段どんなお店行ってるの?」

私「M性感ヒミクラとか。関西の人間だから。」

ひかり嬢「こんな日に関西から来たの?」

私「正確にいうと、東京へ行った帰りに名古屋に寄ったってところ。」

ひかり嬢「私まえから思ってたんだけど、M男くんってあらゆる機会を捉えて自分を追い込むよね。」

この発言から分かるように、基本的にひかり嬢はSMとかM性感に対して特に知見や興味があったわけではなく、

セカンドビジネスで一番BbyCがいいと感じられたM性感を選択し、痴女してるだけなのです。

だから、これだけのルックスを誇っても人気嬢というわけではないのです。

月収の差で分かってしまう本気度。

ルックスに釣られて、そういう嬢をセレクトしてしまったのですから、やることは一つ。ルックスを味わい尽くす事です。

ひかり嬢「で、どこのヒミクラ行ってるの?」

私「難波とか。あっ。」

ひかり嬢「ケンコバが言ってた?」

私「そうなのかな、良く知らないけど、あっあっ。」

ひかり嬢「まだ、我慢してね。訊きたい事あるし。」

私「一回いかせてください。そしたらちゃんと答え、あっキモチ」

ひかり嬢「秘密倶楽部って幾つあるの?」

私「いや、これは答えにくいから、あっとりあえず一度、あっ」

ひかり嬢「いったらスパンキングするからね。秘密倶楽部の痴女ってどんなプレーするの?」

私「今と一緒。いくーっ。」

ひかり嬢「ダメ!   あっ何で出すの。バカ。こんなんじゃ、秘密倶楽部の痴女様達に嫌われてるでしょ。」

私「可愛がられています。」

ひかり嬢「うそつき。スパンキングよ。」

放出した白濁もそのままに、四つん這いにされお尻を平手打ちされます。

一体全体何をやっているのかと自分でも不思議に思いながら、何故かホッとしました。

ひかり嬢「手コキ中、何処見てたの?」

私「肩骨と傷。その傷、彼氏のバイクで転んだの?」

ひかり嬢「何日記読んでるのよ、変態。そういうところがキモくて嫌われるのよ。」

私「否、嫌われてないし。」

ひかり嬢「ほら、今の内に肩思う存分触っとき。」

私「ありがとうございます。」

シャワーを浴びた後、着衣して残り時間ずっとひかり嬢の肩を撫でていました。

無言で煙草を燻らすひかり嬢の横顔のカッコいいこと。

キャバ嬢すればいいのにと思いながら、口にする気力は既に私にはなかったのです。

まとめ

今回のプレーは、内容だけ見たら詐欺レベルでしたが、ビジュアル及びコミュニケーション的には全然悪くなかったです。

M性感というプレーに正解はありません。

ソープランドやヘルスのようにフォーマットがないのです。

ぺニスの鍛練と称してセックスだってM性感のプレーになってしまうのです。

前回、この店ではかなり濃厚なプレーに、それなりに興奮しましたが、お相手の痴女のキャラが結構ホンワカしていたので、

マゾヒズムの充足感という観点からはこの元ヤンキー ひかり嬢の方が良かったのです。

だからといって今回の名古屋遠征が成功かと訊かれれば、答えはNOです。

サディステイックでしたが、色気もエロさも無かったのです。

実際、風俗遊び特にM性感はギャンブルです。

出来る限りの情報を収集し、持てる洞察力をフル稼働させて挑みます。

コイツはルックスはOKだが、日記の内容がヤバいからパスだというのは全然有りなのですが、

其を踏み切れない何かが嵐の夜にはあったのでしょう。

お相手した嬢のプロフィール:

ひかり(30)

T16885(D cup)5989

妖艶なるエロティシズムを

身に纏った美人痴女。出逢った瞬間に期待が膨らむたまらない抜群の美貌!

吸いこまれそうな魅力的な瞳に、男性を悶えさせるのが喜びな彼女。

綺麗な形のDカップ美乳から引き締まったウエストライン。

そして大きなお尻とスタイルも抜群!男の欲望を掻き立て、全身から滲み出るエロスは年代問わずご支持頂ける事間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です